Loading...

私たちは
本物のキューバの旅
お届けする旅行会社です

私たちは現地に拠点を置くことで培った経験を強みに、お客様一人ひとりが望む、個性豊かな旅行をご提案いたします。選りすぐりのガイド、隠れた穴場レストラン、快適なカサ、現地の最新情報など、Brisa Cubanaだからこそ実現する旅行がここにあります。

本物のキューバ旅行は、私たちにお任せください。

私たちの旅行に対する思いは、
「旅行は夢と冒険。2つと同じ旅は無い」
ということ。

誰もが夢の旅行プランを心に秘めているのではないでしょうか。
美食、音楽、文化、人々、写真、スポーツ…。

お客様が足を踏み入れた未知の国で何を楽しみ、体験し、感じたいかは多種多様。そして、その自由の旅を最大限に実現するお手伝いをすることが、私たちの使命でもあります。

国際的な視点で
現地の文化を愛する心

Brisa Cubanaのスタッフはキューバ在住です。現地に密着した旅行のプロフェッショナルであり、スタッフ一同、キューバを故郷のように愛しております。それでもまだまだその魅力ははかりしれません。

街によって違う顔を見せてくれるキューバです。目的地に迷ったら、ぜひ一度ご相談ください。普通の旅行では決して味わえない経験をご用意してお待ちしております。

目的地を見る

最上級のおもてなし

本当の贅沢とは、実はお金では買えないものです。

キューバのとある素朴なバーでのお話。
官能的なダンスで、いつも私たちを楽しませてくれる高齢のキューバ人カップルがいます。2人は夕食前、カサの屋上に上ります。トリニダードの素晴らしい景色を眺めながら寄り添って、日没を迎える時間をとても大切にしているのです。

幸せにあふれた、最高に贅沢な瞬間ではないでしょうか。

サービスを見る

キューバを発見する

News

エルネスト・チェ・ゲバラ

チェ・ゲバラはキューバ革命のリーダーというだけではない、世界中の革命のシンボルである。 キューバへ旅行するのであれば、彼について知る必要がある。多くの人々がチェの生涯を捧げた場所をこの目でみたいと、キューバを訪れるのだ。 チェ・ゲバラとして知られる、エルネスト・ゲバラ・デ・ラ・セルナ [...]

カサパルティクラルを楽しむための10ヶ条

キューバには多くは設備も整っていて、中にはコロニアルな古い建物を利用したホテルもあり十分に快適ですが、カサパルティクラルに滞在することは何事にも替えられない素敵な思い出となること間違いありません。 カサパルティクラルとは、スペイン語で「個人の家」を意味します。 キューバのカサでは、地元のキューバ人の家族を通して家庭料理を楽しんだり、文化や歴史を学んだりといった、唯一無二の体験ができます。きっとキューバ人のオーナー家族と一緒に葉巻を吸ったり、ラム酒を飲んだりするチャンスもあるでしょう。 ここに挙げるのは、そうしたカサパルティクラルの滞在をより快適にするためのいくつかの助言です。カサパルティクラルを存分にお楽しみ下さい! 第一条 街の音を聞く:あちこちで流れる様々なジャンルの音楽、ご近所のテレビの音、通りに出ておしゃべりする人の声、物売りの声・・・キューバの街にはいろんな音がいっぱい。最初はちょっと耳障りかもしれないけれど、そうした音がキューバにいることを実感させてくれます。 第二条 建物の歴史を知る:旧市街の建物の多くは18〜20世紀初頭に建てられたもの。修復を繰り返し人々が住み続けています。ガタがきてしまっているところも多いけれど、よく見ると素敵なアンティークのタイルやドアノブがあったり、一方でモダンなパーツが見事にマッチしていたり、といろいろな発見があるはず。その建物の全てが今に至る歴史なのです。 第三条 キューバ的もてなしをうける:キューバ人はとってももてなし上手。自分の家を訪れる人には可能な限りのものを与えようとします。別れ際にはカサのお母さんに「ここはあなたの家よ!」と言われて感激してしまうかも。 [...]

キューバで一番よい季節

キューバはカリブ海北部に位置する。四季はなく、1年は雨季と乾季に分けられる。 最も旅行に適しているのは、12月から4月の乾季にあたる時期だ。 この時期は気温もそれほど高くなく、概ね快適な気候だ。ただ朝晩は冷えるので、上着を持っていくことをオススメする。ビーチで泳ぐには少し寒いかもしれない。   雨季は6月から10月だ。雨に備えて雨具を持って行ったほうがいい。   7、8月は雨が少なめで海水温も高いので、ビーチに行くには最高の季節。   9、10月はハリケーンシーズンだ。天気予報には十分に注意するように。

キューバのヘミングウェイ

ノーベル文学賞受賞作家であるエルネスト・ヘミングウェイ。彼は釣りとお酒を愛し、世界中を旅したが、人生の3分の1にあたる22年間をキューバで過ごした。ハバナで数々の作品を執筆し、彼が頻繁に訪れた場所は現在では多くの人が訪れる観光地となっている。 まずはハバナ旧市街で彼の足取りを追ってみよう。   ホテルアンボスムンドス、ヘミングウェイの部屋 ヘミングウェイは、このピンク色の建物の511号室によく宿泊していた。ここで有名な作品のいくつかを執筆しているが、現在は博物館として一般に公開されている。ホテル宿泊者は無料でここを訪れることができ、一般客も入場料を支払えば部屋を見学することができる。 部屋は手付かずのまま保存されており、実際に使っていたタイプライターや机などがみられる。 ホテルは町の中心、観光にも便利なオビスポ通りに面し、屋上にはレストランもある。 http://www.gaviotahotels.com/en/hotels-in-cuba/old-havana/hotel-ambos-mundos   ラ・ボデギータ・デル・メディオ [...]

全てのニュースを見る