キューバ最新情報

Brisa Cubanaがキューバから直接、各地のオモシロ情報をお伝えします!

  • キューバにおける新型コロナウィルスの状況

    キューバにおける新型コロナウィルスの状況

    在キューバ日本大使館からの連絡。 「本日付けでキューバ国内において新たに16名の新型コロナウイルス感染者が確認されました。」 ●感染者数:186名(前日比 +16)(1)死亡者数:6名(昨30日,新たにキューバ人男性(63歳,75歳)2名が死亡)(2)退院数:8名(昨30日,新たに4名が退院)(3)国外搬送者数:1名(米国)(4)入院中:171名(うち危篤3名,重篤3名) 昨日は31名の増加、一昨日は59名の増加、その前は13名の増加。 外出自粛が発令されているものの、毎日感染者が増えてきている。ほとんどの感染者がヨーロッパやアメリカといった外国から帰国してきたキューバ人やその周りにいる人間。 新型コロナウィルスがキューバで発症されて以来、他国同様、国境を封鎖したりマスクの利用を義務付けたり、子供の外出を禁止にしたりしている。 いつも外ではアイスクリームカートの音声や野菜売りのおじさんの声、いかにも真っ黒な排気ガスがたくさん排出していそうな車やバイクのエンジン音や、屋上から外にいる子供に向かって叫ぶ母親の声が響き渡っているのに、今日は何にも聞こえない。いつも若者が集まる向の家から流れている大音量の音楽も今日はお休み。 近所の店でマスクなんて売ってないけれど、どこで手に入れられるかという情報もない。近所の住民は皆自分たちでマスクを作って利用している。 今日は母親が子供と外に走りに行ったところ、警察に止められたというニュースがあった。   それでも食べ物や日用品を調達しようとしてできる“列”はやまない。マスクをしていないと入場できない所がほとんどだけど、アルコール消毒液を用意している店なんて、見たこともない。これだけの予防で、こんな人集りを作っていては感染も広がっても仕方ない。。。子供と二人で誰とも接触せずに走っている方がよっぽど感染度は低い。。。 中南米各国では経済の悪化から起こる治安の悪化が懸念されている。これまでこの土地で治安の悪さを感じたことはなかったけれど、だからと言って安心はできない。店に入る度に喧嘩を見かける。物を手に入れようと必死になっている住民は少なくない。 食べ物や日用品が不足しがちなキューバだけれど、人付き合いや人助けでなんとかなってきた国。この新型コロナウィルスでもたくさんのキューバ人医師が海外へと派遣され、たくさんの命を救ってきた。国内に残っている住民もこんな時期だからこそ、他人への配慮を忘れずに根気強く生き抜いていって欲しい。  

  • ESTAとeTAについて

    ESTAとeTAについて

    ESTAについて 南米へ旅行に出かける際、アメリカ合衆国を経由する場合は、合衆国入国時にESTA(Electronic System for Travel Authorization)が必要となります。 弊社では申請代行を行っておりません。下記ESTA申請ページからご自身で申請願います。ご出発の2週間前までには申請・取得されることをおすすめします。 また、2011年3月1日以降にイラン、イラク、スーダン、シリアに渡航した人は原則としてビザ免除プログラムの適用外となり、米国入国にビザ申請が必要となりました。これは米政府が、2016年1月21日から、テロ対策の一環としてビザ免除プログラムを厳格化したことによります。 ESTA申請はこちらから   ETAについて ビザが免除されている国の渡航者*(日本国籍は該当)は、カナダ行きの航空機に搭乗する際、 事前に eTA を入手しておく必要があります。 米国市民と有効なビザを保持している人はこの要件の対象外となります。なお、陸路または 船でカナダに渡航する場合の入国要件は変更ありません。 日本国籍の留学生、一時就労者(ワーキングホリデーの方)は、2015 年 8 月 1 日以前に就学許可証/就労許可証の発給を受けていて、カナダから空路で出国と再入国を予定している場合は eTA が必要です。 eTA が必要となる国籍や申請の要否についての詳しい情報については、以下のカナダ政府 のウェブサイトをご確認ください。 eTA申請はこちらから

ニュース

キューバ旅行のお役立ち情報を発信中!

関連記事をすべて見る

音楽/映画

音楽と映画文化の宝庫であるキューバ。そこで出会う作品はきっと人生を変える経験となるでしょう。私たちがお客様をキューバのリアルな世界へご案内します。

関連記事をすべて見る
  • トロピカーナショー

    トロピカーナショー

    世界的に有名なキューバのキャバレー 日本ではあまり知られていませんが、キューバのキャバレーは世界的に有名です。 キャバレーというと、最初にフランスを思い浮かべる方が多いかと思います。キャバレー文化は1881年にパリで始まりました。 しかしながら、カリブでの先駆けは、ハバナのキャバレーとナイトクラブで、1939年にハバナのマリナオ地区の緑豊かなトロピカルガーデンにオープンしました。 オーナーは、収容300人の夜のエンターテーメントとレストランが一緒になったキャバーレを作ることを考え、当時人々は彼のアイデアは実行不可能だと思っていました。 しかし、今日キャバレー「トロピカーナー」はハバナで最も人気のある観光地の一つとなっています。 200人のダンサーが、きらびやかな衣装に身をまとい、カリビアンのミュージックに合わせながら繰り広げる迫力のショーは一見の価値ありです。 残念ながらお食事の評価は高くないですが、ショーの評価は間違いなく5星です! *ショーは9時から入場、10時に開始します。終了は12時近くです。 *ショーの開始まで、会場にある写真や展示物を見学しましょう。 *旧市街地から離れた距離にあるので、事前に送迎の予約をお勧めします。 *お食事はお勧めできませんので、ショー開始前にご自身でお食事をおとりください。 *お席は、超特等席、特等席、スタンダードの3種類になります Wecsite: http://www.cabaret-tropicana.com/welcome.php?p=main&lang=en アドレス: Calle 72 # 4504 , e/ 43 y 45, Marianao Havana Tel: +53 7 270110/279147  /  10:00-16:00. 21:00-02:00

    グルメ

    キューバ料理は、ネイティブアメリカン・スペイン・アフリカ・カリブ等の世界各地の料理が合わさっており、ハバナ地域では中華の影響を受けていることも!

    異なる文化が入り混じった独特で美味しいキューバ料理をお楽しみください。

    関連記事をすべて見る

    Instagram (soycubatravel)、始めました!!

    This error message is only visible to WordPress admins

    Error: Access Token for is not valid or has expired. Feed will not update.

    There's an issue with the Instagram Access Token that you are using. Please obtain a new Access Token on the plugin's Settings page.
    If you continue to have an issue with your Access Token then please see this FAQ for more information.

    Error: No posts found.

    Make sure this account has posts available on instagram.com.

    Click here to troubleshoot

    Facebook

    Twitter

    Coming soon!