ソロアとそのご近所町のラス・テラサスは 美しさと多様性に富んだ自然の景観であり、ユネスコの生物圏保護区とされています。 どちらも、シエラ・デル・ロサリオ山脈にあるアルテミサ県カンデラリア市にあります。 ハバナからソロアまでは車で1時間半程で行くことができます。

この地域で頻繁に降る雨(年間雨量1300mm)のおかげで、木々やランがすくすく成長します。

ソロアのラン園 は国内で一番重要な植物園と考えられており、実際、500種以上ものランが咲く国内で最も大きなラン園です。 園内は手入れが行き届いており、散策したり、座って眺めや自然を楽しんだりするのに最適です。

エル・サルト・デル・アルコイリス(虹の滝)と呼ばれる22.95mの滝や中世の城、カスティージョ・デ・ラス・ヌベス(雲の上の城)はソロアに来たら必ず訪問すべき観光スポットの一つです。この地域で出会う自然は世界の他ではできない経験をさせてくれるでしょう。

19世紀のコーヒー農園、サンファン川、そして豊富な種類の動植物はラス・テラサスの町を特別な場所にしてくれます。また、カフェ・マリアでは町一番のコーヒーを味わうことができるだけでなく、コミュニティの人々や田舎の環境と触れ合い素晴らしい一時を過ごすことができます。

テラサでは美しい景色を目の前に、800mのキャノピー(ジップライン)を楽しむことができ、また、その他にも様々なアクティビティが用意されています。

例えば、この地域出身の歌手のポロ・モンタニェスは素晴らしい文化や伝統を歌詞に表現してきました。彼のフォークソングは人気でどこでも聞くことができるでしょう。2002年に彼が亡くなった後、彼の自宅は博物館として公開されています。また、画家のレスター・カンパの仕事場は様々な意味を示す絵画を楽しむだけでなく、キューバの文化やキューバンアートの表現についても理解を深めることができるでしょう。レスターの独特なアートは国内だけでなく、アメリカ、カタール、メキシコ、パナマやその他の国々でも展示会が行われました。

ラ・シエラ・デル・ロサリオ、特にソロアやラス・テラサスでは忘れられない思い出ができるでしょう。自然と触れ合い、ゆっくりとした時間を求めている方はこれらの都市の訪問をおすすめします。

興味のある方はご連絡ください。→info@brisacubana.com