【追加情報】ホセ・マルティ空港でのCovid-19対策

/, News, Travel Tips/【追加情報】ホセ・マルティ空港でのCovid-19対策

【追加情報】ホセ・マルティ空港でのCovid-19対策

11月15日にハバナの空港が再開し、空港で取られている対策について記載しましたが、更新事項が発表されたのでこちらに追記します。

前回の記事を読んでいない方はこちらから↓↓

ハバナの空港、再開のお知らせ

ハバナ国際空港再開と水際措置

11月15日午前0時よりハバナ国際空港が再開したところ、外国人入国者に係る水際措置は次の通り。
(1) 出発地を問わず全ての旅行者は、到着時にPCR検査を受ける、
(2) その結果は48時間以内に出るが、それまでは外出を控える、
(3) ホテルに滞在する人にはホテルの医療チームがケアをする。一方、民泊施設に滞在する人は地域の医師がケアする、
(4) 旅行者は、到着時の検査の結果が陰性であれば、以後、キューバ当局の定める感染防止措置をとりつつ自由に移動して差し支えない、
(5) 一方、外国人居住者は、キューバ人と同じ扱いで、入国後5日目に2度目のPCR検査を受けて、結果が出るまでは自宅から外出を控える。但し、キューバにいる期間が5日に満たない場合は、空港到着時の検査結果が陽性判定でない限り、出国して差し支えない、
(6) 陽性確認の場合、入院、医師の治療、接触者の追跡を含む感染拡大防止措置に服する、
(7) 12月1日より、PCR検査を含む衛生措置費用として30米ドル相当が徴収される。

既にハバナにはアメリカン航空、スイフト航空、コパ航空、ジェットブルー航空、インターカリビアンエアウェイズ、ブルーパノラマ航空、エベロップ航空など、北米、中南米カリブ近郊、ヨーロッパからの便が就航を再開しています。

旅行を計画している方は上記、参考にして下さいね!

ご予約・ご相談はメールにて info@brisacubana.com

2020-11-23T16:52:25-05:00 11月 23rd, 2020|Categories: Blog, News, Travel Tips|

Langage