青年の島/イスラ・デ・ラ・フベントゥ

//青年の島/イスラ・デ・ラ・フベントゥ
青年の島/イスラ・デ・ラ・フベントゥ 2020-10-15T09:19:35-04:00

Project Description

のんびり島の空気を深呼吸

キューバ本島の南西約100Kmに位置するキューバ第2の島。

コロンブスが1494年に2度目のキューバ訪問で発見された。カリブの海賊たちが宝の隠し場所として島を使っていたともいい、スティーヴンソンの小説「宝島」のモデルになったという説もある。

島に多くの松の木があることからかつてはIsla de Pinos(松の島)と呼ばれていたが、1975年以降、島内に学校や研修施設が作られ多くの若者が学んでいたことから「青年の島」と名付けられた。現在ではそうした学校も閉鎖され、島の中心ヌエバ・ヘロナの街も静かでのんびり、島特有の空気が漂う。

キューバ革命時にフィデル・カストロらが収容されたプレシディオ・モデロ刑務所の廃墟が現在は博物館として公開されているが、これを見るだけでも行く価値あり。

また島には多くの美しいビーチがあり、南西部は世界でも有数のダイビングスポットとして知られ、クルーズ船が停泊する港やリゾートホテルもある。

プレシディオ・モデロ刑務所
ヌエバ・ヘロナ
ビビハグアビーチ

イスラ・デ・ラ・フベントゥへの行き方

イスラ・デ・ラ・フベントゥへはキューバ本島の南西にある島です。ハバナから飛行機、またはハバナの南約60kmバタバノから高速船を利用します。

・ハバナから飛行機で約40分

・ハバナからバタバノまでバスで約1時間、バタバノから高速船で約2時間

 

 

 

飛行機で:ハバナ–ヌエバ・ヘロナは毎日2往復、約40分。

船で:バタバノ–ヌエバ・ヘロナの高速船1日1往復、約2時間半。

 

高速船のチケットを持っているとハバナ–バタバノ間のバスに乗車できます(片道5CUP)。チケットはハバナのバスターミナルで購入。料金の目安は約44USD/CUC。

[/fusion_text]

Photo Gallery

Langage